おすすめのブックメーカー

Beebet(ビーベット)でかかる税金について徹底解説

Beebet(ビーベット)でベットしたい方にとって、税金の問題は気になるところですよね。確定申告や課税のルールがわからず、不安を感じている方も多いはず。そこで今回は、Beebetでかかる税金について徹底解説します。

  • Beebetで税金が発生するのはどんなときか
  • Beebetで発生した税金の計算方法
  • Beebetの儲けを確定申告する方法
  • 会社にバレないための方法や節税対策

Beebetで勝利した場合、税金が発生することがあります。税金の計算方法や、申請の仕方、支払い方を見ていきましょう。

Beebetで稼いだ賞金は課税対象になる

Beebetで稼いだ賞金は金額によって課税対象になり、税金を支払う必要があります。

他のギャンブルと同様に、競馬や競輪などの賞金も課税対象となります。
こういったギャンブルでは勝利金が現金で支払われる場合が多いため税金を納めることなく受け取っているケースも少なくありません。

しかし、スポーツベットでは銀行や口座に勝利金が入ってくることになります。
税務署側で資金の流れを確認できるため、申告せずごまかそうとすると、脱税行為として厳しい措置が取られる可能性があります。

該当する方は必ず申告し支払いを行いましょう。

Beebetの利益はいくらから税金がかかる?

Beebetの利益はいくらから税金がかかる?

Beebetの利益額によって税金がかかるかどうかが異なります。
スポーツベットの収益は一時所得という項目に該当します。

一時所得とは
営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得。

一時所得の計算方法は下記の通りです。

  1. 「1月~12月に勝利金合計額」- 「支出した金額※」-「特別控除額(最高50万円)」 = 「一時所得の金額」
  2. 「一時所得の金額」 × 1/2= 「課税対象となる一時所得の金額」

※その収入を生じた行為をするため、または、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額

⚠計算時の注意事項

このとき、勝利金額から負け金額を引くことはできません
また支出した金額に当たるのは、勝った場合に投入した資金のみです。
負けた場合の支出を含めることはできないため、注意しましょう。

利益に対してかかる税金は?

上記で計算した一時所得の金額のうち、課税対象は半分の金額になります。
そのため、一時所得が100万円の場合は50万円が課税対象額です。

さらにそこから、所得税を計算します。

課税対象額= 「課税対象となる一時所得の金額」×1/2+その他の所得金額
所得税=課税対象額×税率-控除額× 1.021(復興特別所得税)

ここで算出された所得税が、支払う必要のある金額になります。

税金がかからない場合

1年間の儲けが50万円以下であれば、一時所得は0になるため、税金はかかりません

またサラリーマンなどの給与所得者で会社で年末調整をしている場合は、 給与所得以外の所得金額が20万円以下であれば、確定申告は必要ありません。
一時所得がスポーツベットの儲けだけで、儲けが90万円までであれば、申告不要ということになります。

Beebetの儲けを確定申告しよう

Beebetで得た利益は、所得として税務署に申告し納税する必要があります
確定申告は、所得税の申告書や税務署の指示に従って行われます。
収益と損失の明細を詳細に記録し、必要な書類や証明書を揃えて申告することが重要です。

確定申告のやり方

確定申告は毎年、通常2月16日~3月15日に行われています。
申告の必要がある場合、その期間に申告する必要があります。
給与所得以外にも所得がある場合には、確定申告でそれらと「課税対象となる一時所得の金額」を合算し、所得税を算出します。

  • 支払調書
  • 支出に関する領収書
  • 源泉徴収票など(他に所得がある場合)

運営会社によっては、支払調書と呼ばれる書類を発行してくれる場合があるので、是非確認してみましょう。

これらの書類が準備できたら、確定申告書に必要な情報を記入していきます。

  • 所得:一時
  • 種目・所得の生じる場所:スポーツベットの運営会社
  • 収入金額:50万円の控除額を引いていない、そのままの収入額
  • 必要経費等:かかった費用

作成が終わったら、お住まいの所轄税務署に提出しましょう。
e-Taxなどのシステムで送信できるほか、税務署への送付や持参でも提出できます。

さらに、算出された所得税は、確定申告の期間内に納付する必要があります

Beebetの税金を払わないとどうなる?

Beebetの税金を払わないとどうなる?

Beebetで得た収益に対して税金を支払わない場合、法律に違反することになります。

税務署は収益の隠蔽や不正申告を取り締まるため、税務調査を行う可能性があります。

不正行為が発覚した場合、罰則や追加の税金、法的な措置が課せられる可能性があります。
刑事罰となり逮捕される場合もありますので、申告と支払いは必ず行いましょう。
また、信用や評判の損失、法的トラブル、将来的な財務の困難なども引き起こす可能性があります。

適切な税金の申告と支払いは、トラブルを避けるために非常に重要です。

利益を会社にバレないようにするには

副業禁止の会社や、会社にスポーツベットを行っていることを隠したい場合、どうすればいいのでしょうか。

まずは、住民税の徴収方法を普通徴収にする必要があります。
スポーツベットの所得によって支払う住民税が増えてしまうため、会社が別の所得の存在に気が付いてしまうのです。

普通徴収は、住民税を会社ではなく自分で支払う方法です。
確定申告書の下部にある住民税徴収方法に関する項目で、「自分で納付」にチェックを入れましょう。

節税対策は何がある?

節税対策は何がある?

どうしても節税したいという場合には、下記のような方法が考えられます。

  • 勝利金を調整する:勝利金そのものを課税対象にならないように金額調整する方法です。
  • 出金額を調整する:アカウントに保有したままにすることで、勝利金を課税対象額から外すことができます。
  • 海外で資金運用する:海外で資金運用することで、課税対象から外す方法です。

 ただしこれらの方法には、間違えた場合や上手くいかなかった場合のリスクがあります。